car buy book

car buy book

リサイクル料金は戻ってくるのでしっかり回収しましょう

リサイクル料金というものが存在する事をご存じでしょうか。

 

自動車を解体する際に生じる廃棄物の処分料金を、車の所有者が負担するという法律です。

 

廃棄物とは主にフロンガス・エアバック・シュレッダーダストで、今までこれらを処分するのに多額の費用がかかっていました。

 

その結果業者側による不法投棄や不法埋立が多発し、社会問題になっていたのです。

 

 

この法律は平成17年1月1日に施行されて現在に至ります。

 

料金は車両ごとに違いますが、乗用車は10,000円前後、軽自動車は8,000円円前後、外車は20,000円円前後が基本です。

 

 

結構高いですよね(-_-)

 

 

ではこのお金はいつ支払うのでしょうか?

 

 

新車なら新車購入時にディーラー等で支払う事になっています。平成17年2月以降に購入の車なら車検時に支払います。

 

 

車検前の廃車時に支払う例もあります。それにしてもこのお金、ディーラー等が自分の収入として懐に入れないのでしょうか?

 

 

リサイクル料金は地方自治体の許可を受けた引き取り業者(解体業者)を通じて、自動車リサイクル促進センターに収められます。

 

 

ですからディーラー側がネコババはできない様なので安心して下さい。

 

 

リサイクル料金を支払わないと車検を受ける事ができませんし、車の廃車や陸運局での抹消手続きをする事も出来ません。

 

 

しかしディーラーに下取りに出す場合や買取業者に売る場合は、自動車リサイクル料金が戻ってくるのです。

 

 

ですから必ずディーラーや買取業者側に確認しましょう。

 

 

こちらから言わなければリサイクル料金を返却しないという悪徳業者も存在しますので、気を付けて下さいね。

 

外壁とクラッシュしちゃいました

この前、自宅近くの外壁に車をぶつけてしまいました。

 

いつも慣れているのですが、その日は疲れていて集中力が欠けていたのか、ハンドルの切り方が悪く、右後方をがりがりと削ってしまいました。

 

 

塗装がはがれただけではなく、下の金属も少し見えるくらいに傷が出来てしまっていました。

 

 

 

幸いにもへこみは少なかったものの、見た目はかなり派手に傷がついてしまい、明らかに運転が下手ですとアピールしているように見えてしまいますw

 

 

翌日に自動車修理工場へ持っていったのですが、修理には10万円以上かかると見積もりが出てしまい、年式も古くなってきたこの車にそこまでお金かけるのも勿体ないと思ったので、自分で治すことにしました。

 

 

 

近くのジェームスへ行き、店員さんに確認してもらったところ、傷自体はそこまで深くないので、自分の塗装でもある程度目立たなくすることができるそうと言われました。

 

 

 

自分で塗装を削ってスプレーする方法もあったようですが、失敗するととんでもないことになると言われたので、ペン型のものを購入しました。

 

 

 

はけで傷の上から塗装をしていくという古典的ですが確実に狙ったキズのみを隠すことができるやり方ですので、私でも簡単に行うことができました。40分ほどですべてのキズをぬり終えることが出来ました。

 

 

 

光の加減でどうしてもキズはみえてしまうものの、遠くから見ればあまり目立たなくなるようになりました。この車は乗りつぶすつもりですので、当面はこの方法で傷を隠していこうと思いますw

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ