愛車7年目調子崩す

愛車7年目調子崩す

買い変えるか検討が必要。まずは下取り?

愛車(7年目)の調子が悪かったのですが、ディーラーで修理を依頼して治りました。

 

走行距離は6万`です。まだまだ走れると想定して、修理に踏み切りました。

 

下取りして新車を買うか又は中古車として売るか、もしかしたら廃車扱いとなるのか?迷いましたが、やはりまだまだ現役でいけると判断しました。

 

この車を下取りしたら一体いくらになるのか・・・夫の友人に聞いたところ、下取って貰うよりも中古車販売店に売却してお金にする方が得なのだそうです。

 

今回下取りに出す事も視野に入れており、営業さんに査定して貰いました。

 

 

しかし下取りと同時購入する新車の価格から値引きする形で金額を提示されたので、実際いくらの下取り価格がついたのか分からなかったのです。新車そのものの値引きもある為、それほど下取り価格として繁栄された感じはなさそうでした。

 

 

友人曰く、下取りしない場合の新車価格は、明確に出してもらわなければいけないそうです。

 

そうじゃないと営業さんの営業トークに騙されて、下取り価格はほとんどない状態で車を売る形になってしまうのですね。一般的に下取りよりも買取の方が売却価格が高いと言われていて、独自の販売ネットワークを持っている中古車販売のプロに任せるのが一番だそうです。

 

 

ディーラーは直接的なルートを持っていないパターンが多い為、結局車を中古車専門店に流す形となります。ここで発生するのが無駄な中間マージンで、このせいで下取り価格を下げないと仕方ない訳です。

 

 

こんな訳で、いずれ専門業者にこの車を売る事となるでしょう。

 

 

今回はせっかく治ったので大切に乗りますが、今度売る為にも大切に乗ろうという気持ちになりました。

ホーム RSS購読 サイトマップ